人生のコーチング・職場でコーチング・夫婦のコーチング コーチングはあなたの可能性を開く魔法の鍵、コーチングオフィスアズワン

【毎月1名様限定】ボランティア
本格的無料コーチングこちらから

コーチングオフィスアズワン
  代表 コーチ 村田克彦
詳しいプロフィールはこちら

〒470-2214
愛知県知多郡阿久比町
椋岡西畑73
TEL&FAX: 0569-48-7503
coach5*coaching-asone.jp
更新情報


コーチングを受けるとなぜかわくわくしてきます。その反面ドキドキもします。
それはどきどきとわくわくが表裏一体のためです。 コーチングによりどきどきよりわくわくの方が大きくなるのです。

しかしそれは自分自身に向き合った人に限ります。 
自分自身に向き合うこととはどういうことか?
自分がしてきたこと、していること自分が何をやっているのか自分自身で認識できているかといとうこと。 自己認識がしっかりしているかどうかです。
コーチングは自己認識能力が問われます。
自分が何やっているのかわからないということは今の自分がどこにいるのか見失っているということ。 これでは「わくわく」しようがありません。

そんなあなたは責任をとかく自分以外のせいにしていませんか?
あいつが悪い、こいつが悪い、 時代が悪い、 テレビが悪いなどと、人や物のせいにしてばかりだと、コーチングでわくわくすることはあり得ません。 

ではいったい何が起こるのか? チョット怖いですね。
自分に向き合うことをしていない人がコーチングをうけると、間違いなく被害者意識が先行するでしょう。
普段の口癖も・・・・されたとか、やらされたという表現ばかりです。

つまりそれはどういうことかというと・・・・
あなたの人生に主人公のあなたがいないんです!

あなたがもしこのような口癖をしていたら・・・・。
コーチングを受けることをお勧めします。しかし覚悟してください。 
あなたのコーチングは100%苦しみになります。
しかし3ヶ月ほどでその苦しみはなくなるから安心して下さい。

その苦しみは私が全身全霊でサポートしますから。

私もその苦しみは経験しました。 コーチの質問がナイフのように身体に刺さる感じです。エッジが効いているどころではありません。 しかしコーチは事実を伝えているだけなんです。 

 しかしその後はわくわくしてきます。私も以前自分の人生に自分がいませんでした。 大丈夫です! 安心して下さい。私だってできたんです。
ここから先は自分に向き合い、自分が自分の人生の主人公となった方はよく分かると思います。 

わくわくするのは、それは自己確信が芽生えて自信が持てるからです。ではどうして自己確信がもてるのか? 
コーチが無条件であなたを信じているからですね。 あなたはできると! 力もあるし、能力もあると!
人に信じられるというのは気持ちがいいものです。
しかしながら自信満々ではちょっと怖いですね。 自信があり、自信がない状態が一番良い感じですね。
自信が満々では誰にも聞くことをしないでしょうからね。

渡辺謙がラスト侍でノミネートされたとき、何がこの成功を導いたのでしょうかととの質問に、「自信がなかったからです」と答えていました。 この回答にはビックリしましたが、コーチング的にはとても納得いくものだあなと今でも忘れることができません。

それとまた、コーチングというのは強みに焦点を当てるからです。 

強み・・・・これは大変重要なことです。日本では、いいえアジアでは弱みに焦点を当てた教育がされるように、社会全体が弱みに焦点をあてて評価しています。これをされると小粒な大人になってしまいます。弱みがあるのはあなたはそれが嫌いだからなんですよ。だからやらなんです。

強みに焦点を当てていないからダントツな学生は出現しない。ですからノーベル賞などの世界的な賞はアジアから出にくいとされています。強みに焦点をあてるというのはどういう事なんでしょうか。光を想像してみて下さい。必ず光と陰ができますね。これは誰でも分かります。
強みに焦点を当てると言うことはその光をどんどん強くしてあげることなんです。

私のコーチングではあなたの強みを知って頂くために、「さあ才能に目覚めよう」という書籍をプレゼントしていましたが、どうも最近絶版になったようでプレゼントできません。

この書籍は、34の強みが生まれてから、大人になるまでに5つに絞られていくという統計上浮かび上がってきた理論です。世界中で数百万人以上の人がこのテストを行った結果であります。今でもデータは世界中で増え続けています。 
更にこの書籍は大脳生理学からも説明を試みているところから、わたしとしては結構信頼の厚い書籍であります。 

以前のクライアントでこの指令性という強みに関して質問されたことがありました。指令性というのは自分の考えを人に押しつけることになんら抵抗を感じない人をいいます。 これがどうしても強みには聞こえない。どうやったら強みとなるんだろうかととの質問でした。 
ミスター○○になればいいんじゃないですか? ○○のことはあなたに聞けということができるんですよ。 押しつけになるじゃないですかというので、それでは私は○○について話ししたいけど、いいですか?って許可を求めたらどうでしょうかと提案しました。
 クライアントに電気が灯る音が聞こえました。 そっか! 聞きたくなければしなければしなければいいんだ! なんでこんな簡単なこと気が付かなかったのかなあって。 今頃はミスター○○とちまたで呼ばれていることでしょう。 

ホーム会社案内プロフィールコーチングとはコーチング料金良くある質問コーチングリンク集
 お勧めリンク集 |お勧めリンク集2お勧めリンク集3国際コーチ連盟特定商取引に基づく表記

コーチングオフィスアズワン  代表 コーチ 村田克彦
住 所: 〒470-2214 愛知県知多郡阿久比町椋岡西畑73
TEL&FAX: 0569-48-7503 Email: coach5*coaching-asone.jp
Copyright(C)2005-2011 コーチングオフィスアズワン All rights reserved
コーチングお問い合わせ コーチングサイトマップ コーチング問い合わせ