人生のコーチング・職場でコーチング・夫婦のコーチング コーチングはあなたの可能性を開く魔法の鍵、コーチングオフィスアズワン

【毎月1名様限定】ボランティア
本格的無料コーチングこちらから

コーチングオフィスアズワン
  代表 コーチ 村田克彦
詳しいプロフィールはこちら

〒470-2214
愛知県知多郡阿久比町
椋岡西畑73
TEL&FAX: 0569-48-7503
coach5*coaching-asone.jp
更新情報



あなたは死ぬ時「良い人生だった!」と言えますか?
もしあなたが明日死ぬとしたら、「ああ楽しかった、良い人生だった」と笑顔で死ねますか? 
私のコーチングでは結構使う質問です。

人はいつか死ぬんです。自分だけは死なないというわけにはいきません。
やり残したことがあると、未練が残り成仏できません。
あなたはなりたいものになれるし、あなたの希望はかならず叶えられるものです。
あなたは思い通りの人生を楽しく送ることが出来るし、というより人生を楽しむ権利。。。
いや義務に近いものがあります。
しかし現実はどうでしょうか?

あなたがワクワクするような発想を思い巡らせているとき、「お前何考えているんだ? そんなに旨くいくわけないだろ? やめろやめろ!」という声を聞いたことはありませんか。この声に説得されるとどうですか? ワクワクしていたのに何かしょぼくれた感じになってしまいますよね。

 しかしあなたのやりたいことは今変わることですから、はっきり言ってこの声は迷惑なだけです。コーチングというのはその声が気にならなくなったり、黙らせたり、あなたがその声に説得されないようにするお手伝いすることなんですよ。どうですか。おもしろそうでしょ? あなたはセッションの時、コーチの質問に答えるだけなんです。本当に不思議ですけど。 

 1つだけ注意として、別にコーチが付いていなくても、あなたの夢は実現しますのでご安心下さい。
私はいつもコーチングとはあなたの人生のナビゲーションと答えています。カーナビゲーションは自分が行きたい所へ早く正確に導いてくれます。大変便利なものです。

カーナビゲーションはまず自分の位置を人工衛星によって把握することから始まります。行きたいところを指定すると、距離と時間が計算されドライブ計画が立ちます。あとはドライブするだけです。まさにこの一連のプロセスはコーチングと同様です。人工衛星の電波を捕まえて自分の位置を把握するということは、あなたがコーチとのセッションで現状の把握を行う作業です。

現状が把握できたら、目標の設定です。この作業はカーナビゲーションなら行きたい所を設定したことと同じです。現状と目標が決まったら、行動計画を立てます。何時までに何をするのか、行動を起こすために何が必要か、行動するために今知っていることは何か、現状と目標を埋めるためにできることを洗い出して、行動するための計画を立てます。カーナビゲーションではコンピュータが計算してくれますが、コーチングではあなたとコーチの間で双方のコミュニケーションであなたが決めていきます。

又、現状と目標の差をギャップと呼んでいますが、このギャップを埋めるためにコーチングでは、車を持ち上げるジャッキのようなものと説明しています。ここにジャッキ(コーチング)を使えば少しづつですが、持ち上がります。あなたの目標も達成されていきます。

またあなたにコーチを付けるということは、あなたの人生にカーナビを付けると同様です。あなたはカーナビが無くても目的地に到着するでしょう? でもカーナビがあると・・・・・便利ですよね。それに道を間違わない。間違ってもすぐにわかる。引き返したり、迂回したりして木曜に早く確実に目的地に到着できる、それと一緒です。特に知らない土地に行く時は効力を発揮しますね。

またこのように表現する人もいます。コーチをつけるとは暗闇で車を修理作業するあなたの手元を時にライトで照らしたり、道具を取ってもらうことと一緒だと。確かにこれは助かりますよね。作業していると手が3本あったらいいなあと思う時ありますもの。
イメージをつかんで頂けたでしょうか。
例えば算数で説明するのなら、目標へのスピードはコーチが付いていないと足し算、コーチがついて乗算ぐらい差があります。
凄い違いがあります。

つまり前者がy=x、後者はy=x2という感じでしょうか。

 また夢は突然明日叶うことはないです。 現実と夢はギャップがありますからね。そのギャップを少しずつ埋める事で実現するモノです。あなたはどうやって車を持ち上げますか? 力を使いますか?知恵(応用された知識)を使いますか?
コーチングはどう説明しても仕切れないのが現実です。

ところで・・・・・ あなたは自分を好きですか?

実は私も過去は自分が好きではなかった・・・・・・・今はもちろんちがうけど、



もしそうでなかったら・・・・・・ 個人基盤の強化をする必要有るかもしれません。

私でもできたんですから一緒に取り組みましょう!


個人基盤について少し私の経験をもとに説明致します。

個人基盤とは・・・・パーソナルファウンデーションとは個人基盤のことです。これが強化されると、例えば舗装されていない道を走るのではなく、高速道路を走り抜けることができるようになります。あなたの気になることがなくなり、目標に向かってばく進できるようになります。そのことによって、あなたは自分らしく自分の人生を楽しむことができるようになります。つまり、パーソナルファウンデーションが強化されないと、多くの目標は達成されにくくなります。

自分の場合、NOと言えない、我慢してしまう、正解不正解で物事を判断する、他人の言葉にすぐに影響される、被害者意識を持ってる、多くの未完了のために前進ができない、悲観的、ということがありました。このことにより、人の目を気にする、ちょっとのことですぐにくよくよしたり、すぐに落ち込んでいました。しかしコーチングでパーソナルファウンデーションに取り組んでからは、まだ100%とは言えませんが、あまり人がいうことが気にならなくなりました。

境界線という概念は自分の今までの生き方を振り返ることができて良かったです。今までは境界線を広くして自分のエリアに踏み込ませなくしておいて、誰も自分のエリアにいなくなると、パーソナルファウンデーションが弱い為に、寂しくなって境界線を縮めている自分がいました。縮めるとまた境界線を広げ、自分のエリアから出て行かせるということを今までしていたことに気づきました。これでは周りの人から理解されません。理解されないことで又怒ってという繰り返しで、人間関係は当然うまくいっていませんでした。はっきり言って自分以外の人とのつき合い方にいつも不安に思っていました。

しかし、今は相手にあわせるとかではなく、自分がどうありたいか、自分は相手にとって、何者なのかを考えるようになったので、相手がどう思おうが、自分がどうしたいのかに焦点が当たっているので今はとても楽です。また、他人の言葉にあまり影響されることもなくなりました。これは自分のハンドルは自分で持つという当たり前のことを放棄していたんです。自分のことは自分で決めることを決め、全ての事象はハンドルを持っている自分に責任があるということに気が付く必要がありました。自分ではハンドルを持っていると思っていましたが、そうではなかったんです。どこかで誰かがやってくれる、私はついて行けばいいという考えがあったので、他人からの言葉に影響されていたことがわかりました。

このような状況なので、他責ですから実に怒りっぽい自分がいました。とにかく俺は悪くない、こうなったのはあいつのせいだという考え方なので当然です。しかしこれも消失しています。自責ですから怒りようがありません。自責では失敗しても、落ち込んだり、人のせいにして怒ったりするのではなく、そこから学習できるようになりました。これは大きい変化でした。

それと統合性(バランスです)も崩れていました。NOが言えないわけですから、とにかく自分の時間がなかったんです。本当にやりたいことだけにして、自らやりたくない責任を伴うようなことは引き受けることをやめました。人間関係が崩れるのかと不安でしたが、それはなく、快適に過ごせるようになりました。判断から他人のせいにしているようでは、コーチングは機能しません。コーチングがより機能するためにパーソナルファウンデーションを強化することは自分が自分らしく生きるために必要なことだし、コーチングが機能するための必須要素です。従ってあなたがパーソナルファウンデーションに取り組むことはとても重要です。


ホーム会社案内プロフィールコーチングとはコーチング料金良くある質問コーチングリンク集
 お勧めリンク集 |お勧めリンク集2お勧めリンク集3国際コーチ連盟特定商取引に基づく表記

コーチングオフィスアズワン  代表 コーチ 村田克彦
住 所: 〒470-2214 愛知県知多郡阿久比町椋岡西畑73
TEL&FAX: 0569-48-7503 Email: coach5*coaching-asone.jp
Copyright(C)2005-2011 コーチングオフィスアズワン All rights reserved
コーチングお問い合わせ コーチングサイトマップ コーチング問い合わせ