薬剤師専門コーチング  現役保険薬剤師が現場からお送りする実践コーチング コーチングオフィスアズワン
薬剤師専門コーチング

【薬剤師専用】ボランティア
本格的無料コーチングこちらから

コーチングオフィスアズワン
  代表 コーチ 村田克彦
詳しいプロフィールはこちら

〒470-2214
愛知県知多郡阿久比町
椋岡西畑73
TEL&FAX: 0569-48-7503
pharmasist*coaching-asone.jp
更新情報


普段ではコミュニケーションはあまり重要視されていませんが、病院や薬局では患者様と医療従事者との関係でのコミュニケーションというのは大変重要だと私は考えています。 患者様は調子が悪く、気分も悪い訳ですから、本当に医療従事者は愛情を持ってコミュニケーションをする必要があると思います。相手の本音をどうしたら話してもらえるのか? どうしたら不安が安心になるのか?
悩みが希望にどうしたらできるのか? 常にこういったことを考えて仕事をしています。
患者様によっては病院で話したことをなぜまた薬局で話さないといけないのか?とか薬を黙って出せばいいんだと誤解している場合があります。
こういったことはコミュニケーションのねじれで、薬剤師の役割で病気を診るのは医者で、処方された薬を安全に使っていただくようにするのが薬剤師の役目ですから、この根本的な説明がおそらくされていないのでしょう。

コミュニケーションでの方法については基本は質問です。
質問には尋問、詰問、質問とあり、質問しているようでも実は尋問や詰問になっている場合があります。相手は患者様ですので、普通に質問しても、尋問、詰問のように聞こえることがあるので、フィードバックしてもらい確認してもらうことが重要です。

それと質問には、オープン質問、クローズ質問とあり、前者は回答に時間がかかりますが、情報量が多い回答が得られます。 後者は回答はすぐに得られますが、情報量ははい、いいえしか回答が来ないので、情報量はほとんどありません。
 
基本はオープン質問、クローズ質問と繰り返していくことで、情報が得られ、確認されて患者様もちゃんと理解してくれていると安心されます。
ただここは医療現場です。
通常のコミュニケーションでは問題にならないことも、医療現場では問題になります。
それは完全なオープン質問では患者様が固まることが多いからです。
やはり気分がよろしくないので、あまり考える質問はつらい部分があるので、ある程度仮説を立てて、
限定オープン状況質問をする必要があります。
その点は新患ではない限り、薬歴がありますのでこのような質問は作りやすいです。
また薬剤を見れば分かりますから、質問も作りやすいでしょう。

コミュニケーションの基本はオープン、クローズの順番で進めることです。
こうすることで患者様には安心感が伝わります。
決してクローズ質問ばかりして、患者様の顔も見ずに機械的に投薬していると患者様は逃げます。
また質問しているようで詰問や尋問になってはいけません。 
患者様を追い込むことになるので、追い込んではいけません。
行って欲しいことと、やってはいけないことはハッキリ伝えましょう。
コミュニケーションはとても重要ですが、専門知識は言うまでもありません。
専門知識にコミュニケーションが乗っているイメージです。

ホーム会社案内プロフィールコーチングとはコーチング料金良くある質問コーチングリンク集
 お勧めリンク集 |お勧めリンク集2お勧めリンク集3国際コーチ連盟特定商取引に基づく表記

コーチングオフィスアズワン  代表 コーチ 村田克彦
住 所: 〒470-2214 愛知県知多郡阿久比町椋岡西畑73
TEL&FAX: 0569-48-7503 Email: coach5*coaching-asone.jp
Copyright(C)2005-2011 コーチングオフィスアズワン All rights reserved
コーチング問い合わせ